Episode.3"My Disicion"

f:id:shadowpond:20160229122826g:plain

-------------------------------------------------------------

”僕はメジャーリーグに行くことにした”、前回までは

 

HNS入校して早3ヶ月、ついに、メジャーリーグでの打席でCAからホームランを奪ったY、これはマイナーリーグからメジャーに活躍の場を移したナンパに精を出す物語である。

------------------------------------------------------------

 

 

基本的に土日にしか、メジャーでの舞台には立てない。

これは仕方のないことかもしれないが、それも言い訳にはできないことはわかっている。

今年から東京から通勤することも模索しており、今後はストに集中できるかもしれない。

 

しかし、平日がとても無駄な時間を過ごしていることに気づいた。

もっと効率的なものがあるはず。

そこで始めたのがPairsだった。

グルメ部二回目のときにAさんに相談し、早く始めた方が良いとのことだった。

確かに、こんなに効率的なものはない。この時代に合っている出会い方だ。

 

 

Pairsを始めた。

恐る恐る、Like!を押していく。

 

すんなりとデートにこぎつけることが出来た。

 

 

Pairsで初のデート、相手の食いつきがかなりいい。

案の定、最後まで行くことができた。

 

その後何度か連絡がきたが、信条に反するため、返事をしなかった。

 

もっとはやく初めておくべきだった。

この思いが頭の中を埋めていた。

 

 

翌日、大手航空会社のCAとのデートがあった。

前回、彼女となった子とは会社も違うし、元々友達だった。

 

今回で3回目のデートだ。

前回はキスまでOKだったが、

次の日の相手の仕事がだいぶはやめに始まるために

それ以上のことは僕らにはなかった。

 

前日の勢いがあり、それが支えとなったのか食事のあと、真っ先にホテルへと向かった。

ベッドでは、付き合わないとやらないグダが発生。

この辺はいつもなあなあであるが、ふとある考えが浮かんだ。

 

そうだ、この子とも付き合ったら面白い展開になる。

 

 

キャッチフレーズなんかで、

二大航空会社のCAと付き合うYなんてありだろうかなんて一人で考え始め

正直、すごく自分が気持ち悪かった笑

 

 

ということで、また彼女が出来ましたっ!

 

 

 

 

HNSに入る時は別に彼女がほしいというわけでもありませんでしたが、

結果的にはとてもいい展開になっていることに気がつきました。

 

一般的には航空は落としにくいカテゴリに入るわけです、この辺をもっと分析して、ブラザーと共有できれば!