Episode.29"THE STRATEGY"

 

f:id:shadowpond:20160617154115g:plain

---------------------------

"僕はメジャーリーグに行くことにした”、前回までは、

 

HNSに入校して以来、

大手航空会社のCA2名と交際中のY

 ついに、目標であった月10ゲットを達成し、余韻に浸る時間もなく

カレンとの約束を控えていた。

これはマイナーリーグからメジャーリーグに活躍の場を移したナンパに精を出す物語である。

----------------------------

 

 

慣れないベッドメイキングから始まった

 

バスタオルや衣類も1セット足りないや

 

すべてを揃え、万全の体制を整えた

 

 

 

カレンを迎えに行く

 

高まる気持ちを抑えるのに必死で

 

少しづつ足どりは

 

はやくなっていく

 

いつもと変わらないカレンだった

 

脚は綺麗だし、何より超面食いの僕が

 

'ど'がつくほどハマってしまった顔だ

 

彼女と出会った時の印象が強烈すぎて

 

今でも簡単に思い出せる

 

誰もが振り返ってしまうようなその容姿に

 

僕のハートが射抜かれないはずがなかった

 

 

 

よく、性格重視だとか言う人がいるけど

 

そんなの嘘だと思う

 

容姿が少々悪かったら、好ましくない

 

 

見栄えの悪すぎる料理なんて誰も食べたくないだろう

 

 

 

 

カレンと食事をした後、

 

もちろん今日も体を重ねた

 

それが終わっても

 

虚無感とか一切ない

 

何かに満たされている

 

そんな相手だ

 

 

 

 

カレンをこんな遠くに呼んだ理由は2つあった

 

まずは彼女の地元であること

 

そして、僕の母親に会う予定があること

 

母も仕事でこちらに来ている

 

今まで親にきちんとした形で紹介することなど全くあり得なかった

 

しかし、彼女は今までの子とは何かが違う感覚を持っている

 

僕もどこかでケジメだとか、責任を果たすだとか

 

そんな言葉が頭の中で

 

ちらつくようになった

 

"彼女を幸せにします"という

 

よくあるベタな言葉も

 

最近になってよくわかる気がする

 

 

 

 

素晴らしい時間を過ごして、

 

僕はいつの間にか眠りについていた